blog

BITE VOL.15 personal

カテゴリ:

2011-6-26(Sun)

100426_01.jpg
何かと何かの間にあるものを
探るビジュアルブック「BITE」が
只今構想段階。

映画監督スタンリー・キューブリックを追った
ドキュメンタリー「A life in pictures」を観た。
作品一つ一つの解説と、出演者やスタッフ、家族の話を通じて
キューブリックの生涯を追っている。
面白かったのが、彼のプライベートな部分。
ホームビデオに映る妹と2人で、
楽しそうに踊る幼少期のキューブリック。
おしくらまんじゅうみたいにして、
おしりでポンと妹を突き飛ばして、
画面を独り占めしてしまう。
結婚し家族ができて今度は
ホームビデオを撮る側になったらなったで、
子ども達に向かって、大声でああしろこうしろと命令口調。
画面の隅々までコントロールされつくされた世界観を
作り出すには、やっぱりこうでなくっちゃと思わず笑ってしまった。
作り出された作品と密接にある
こうした作り手のパーソナル部分にすごく惹かれる。

110626_01.jpg

そもそもアートブックWHOは、
そういった作家のパーソナルな部分を
見てみたいという動機から始まっている。
どんな場所で制作しているのか、どんな子どもだったのかとか、
好きな映画は何とか、何をコレクションしてるとか。
実際に一冊にまとめてみると、
いかに、個人的な記憶、経験、執着、趣向といったパーソナルな部分が
作品と密接に関わっているのかが分かった。
もちろんそれを、そのまま出しているわけではない。
制作という過程の中で、演出、編集され、
研ぎすまされて作品へと変容していく。

キューブリックの遺作「Eyes wide shut」に出演したトムクルーズは、
ドキュメンタリーの中で、こんなことを言っていた。
何度も何度もテイクをくり返していると、いいと思えるものにぶつかる。
それでも結局まただめで、はじめからやりなおし。
「何が足りない?」と聞くと彼は「I want magic(マジックだ)」と。
そして、テイクをくり返してていくと、
それまでとは全く違うものにたどり着く瞬間がくる。

キューブリック個人のビジョンを
出演者、スタッフを巻き込んで、
皆で限界まで、追い求めているよう。
そういうスタンスを自身の手で勝ち取った映画監督。
だから出来上がったものは、
彼の思想が溢れた作家性の極めて強い、
「それらしい映画」とは対局にあるような作品。

パーソナルとパブリックの間には、フィルターが存在する。
抜けるためには、マジックも時には必要ぐらい大きく分厚いフィルター。
それでも、試行錯誤をくり返して、世に出た時には、
見る側にも作った側にとっても、
新しい景色が広がっているのだろう。

110626_02.jpg

110626_03.jpg

110626_04.jpg

110626_05.jpg

110626_06.jpg

BITEでは、ビジュアル提供者を募集しております。

興味がある方はお問い合わせより、メールで一度ご連絡ください。



BITE VOL.14 in between

カテゴリ:

2011-6-16(Thu)

100426_01.jpg
ゲイの存在を様々な角度から
探るビジュアルブック「BITE」が
只今構想段階。

久々にヒーローものを見た。
やっぱり一番の盛り上がり所は、今も昔も変身シーン。
で、やっぱり今も昔も
変身中は攻撃しないのがルール。
どんなに冷酷な怪獣も心得ている。

ふと考えてみる。
徐々に変身時間が長くなっていっても
怪獣は待ち続けるのだろうか。
最終的には、じゃあ明日の同じ時間、ここでな!みたいな感じで
一回解散することも考えられる。
そうなると、ヒーローの変身の途中の姿が気になる。
案外とんでもなくグロテスクな姿かもしれない。

数年前のグループ展「トランスフォーマー展」に出品した
WHOvol.05で特集した和田昌宏さんの作品は、
変身の間というコンセプトだった。

110617_01.jpg

変身前と後のどちらにも属せない
悲劇というか滑稽さというか。
でもそこには、別の生き物が確実に存在していて
プライドみたいなものさえ感じた。

110617_02.jpg

あっという間の出来事で見過ごしていたり、
社会の固定されたイメージや価値観に捕われたり、
なかなかその、どちらにも属さない存在には気付かない。
自分の中の不確実で、不安定な部分を排除しようとして、
安易にイエスかノーの答えを出してしまう。

それでも、見る側が慎重に探ってみると
2つのものの間には、
不安定で不確実で曖昧ではあるけれども、
変容していく可能性とアイデアに満ちた
グラデーションの世界が広がっている。

BITEは、何かと何かの間に広がる世界を探るということをコンセプトに
様々なジャンルのビジュアルで構成された
一冊の本を通じて新しい世界観を発信していきます。

110617_03.jpg

110617_04.jpg

110617_05.jpg
110617_07.jpg

110617_06.jpg

BITEでは、ビジュアル提供者を募集しております。

興味がある方はお問い合わせより、メールで一度ご連絡ください。



BOOKS:伊丹十三

カテゴリ:


110616_01.jpg
日本世間噺大系(文春文庫)

110616_02.jpg
再び女たちよ(文春文庫)

「浅ましいと思われるほどの素早さで、
折り詰めの包み紙をベリベリと引きはがし
えいとばかりに蓋をとった。」

「自分のような日頃健康なものにとって
風邪のひき始めというのは、
なにがなし物珍しく甘美なものである。
思いっきり世の中に甘えてみたいような、
また、それがいかにも当然であるかのような
甘酸っぱい心持ちがする。」

浅ましいと思われるほどの素早さ。
なにがなし物珍しく甘美なものである。
この仰々しくって堂々とした文体がツボです。

「積極的な好みと、消極的な好みがあるように思う。
『美は嫌悪の集積である』というヴォルテールの言葉が
説明しているように、ある人の場合、
否定的な形で好みというものが形成される」

「T.S.エリオットの詩の一節に
The naming of cats is a difficult matter というのがある。
つまり猫に名前をつけるのは難しい事柄です。
というのであるが、こういう平凡な事実を発見するのは、
なかなか難しく、また平凡なことであると思う。」

ほぉなるほど、と思う話から、
タクシーの道順の話とか、
野球の隠し球の話とか
どうでもいい話まで、
すべてにおいて一貫して哲学、思想を持っている。
そこがすごくおもしろい。

「その時味わった大きな安堵は、はっきりと憶えている。
それはいわば種族としての人類の脈々たる
歴史の大いなる流れに組み入れられた安心感とでも
いうべきものであったろう。」

初体験の話でも
堂々と仰々しく。



         

blog.jpg
editor profile

杉原洲志 Shuji Sugihara
1976年生神奈川生まれ。
WHO編集長/アートディレクター

2011年 6月
S M T W T F S
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
mail magazine

WHOメルマガ購読申込はこちらから
メルマガバックナンバーはこちらから
Info more...