blog

WHO取材記 佐藤雅晴 VOL.03

カテゴリ:

2014-2-1(Sat)

WHO取材記 佐藤雅晴 VOL.03

佐藤さんの「ダテマキ」の展示を見に行きました。
伊達巻きを作る様々な行程が
プロジェクションされています。

卵を主原料とする黄色液体が
かき回され、平になり、熱せられる等
機械によって様々な処理が加えられていきます。
その扱いが何か馴れすぎている。
あ、もうちょっとゆっくりとか、
そういうコミュニケーションは一切存在せず
あれよあれよという間に伊達巻き化されてゆく。
着々と作業を進めていく機械の動きに
PC上で見た一枚の画像からは感じなかった
残酷さのようなものもを感じました。

140201_01.jpg

140201_02.jpg

140201_03.jpg

それでも伊達巻きを作る機械の動きは、人間の動きを元にしている。
元をたどれば、とろみ具合、巻き具合は、こんなもんかな?と
たえず卵の状態をみながら、次の行程に移るという、
人間の手作業にたどり着くはず。
長い年月をかけて語り継がれたおとぎ話が
人間の愚かさや残虐性を隠して持っているように、
効率よくおいしい伊達巻きを作るために進化した動きは
人と卵の対話の部分を隠し持っている。

140201_04.jpg

こちらはソフィ・カルの「本当の話」。
この間知り合いから借りた本なのだが、
10年以上も前に佐藤さんからもらった本だと言う。
ソフィ・カルは、たいして面識のない男を
ベネチアまでおっかけていき町中を尾行したり、
探偵を雇い自らを尾行させたりする。
この本は、その時に撮った写真、文章や探偵の報告書で構成されている。

140201_05.jpg

140201_06.jpg

最近いつ尾行したかはちょっと記憶にないけど、
小学校の時、学校からの帰りに何人かの友達で、
クラスメートを尾行することが流行ったことがある。
いつ後ろを振り向いて気づかれるかもしれないというスリルはもちろん
一定の距離を保ちながら後からついていくことがやけに楽しかった。
教室の中とも、遊んでいる時とも違う
こちらが一方的にとる不思議な距離感。
その距離感で見る、いつもの通学路を歩くクラスメートの姿は、
どこか他人のようにも見えたのだと思う。
だから、その距離感を保ったまま終わることに居心地の悪さを感じ、
毎回、皆で後ろからかけていって、気づかなかったでしょなんて言いながら
クラスメートに軽く体当たりするところで尾行は終わった。

「本当の話」の巻末にあった、
ジャン・ボードリヤールの解説「プリーズ・フォロー・ミー」には
こんなことが書かれていた。

「他者を尾行すること、それは他者に事実上二重の生を与え、並行する存在を与えることだ。
こうした二重化の効果こそがありきたりのオブジェを超現実化し、
そのまわりに誘惑の奇妙な(時として危険な?)網を張りめぐらす。」

「他者の後をつける者もまた自らの重荷を軽減される。
なぜならそれは他者の足跡へと盲目的に身を投じることなのだから。
ここにもまた驚くべき相互作用がある。
両者にとってそれは自らの固有の存在の解消であり、
主体としての場所を保持するという耐えがたい努めの解消なのだ。」

「ダテマキ」は福島県いわき市にある丸又蒲鉾製造で撮影された映像を
PCに取り込みそれをトレースするという方法で作られている。
「なるべく撮った写真に近づけるようにしています。
アナログの絵だと筆跡や、絵具の重なりでボコボコしたり、痕跡が残る。
デジタルで絵を描く上で自分が取り組んでいるのは、アナログの世界ではできないこと。
デジタルの世界はすべてが0と1に還元されていくから風合いですら数字になる。」
と佐藤さんが以前言っていた。
何かを強調することも、筆跡は残すようなこともせず、
現実に近づけることを意識してPC上で画像をトレースしてゆく
佐藤さんの制作方法は、モチーフの後をぴったりとつける尾行のよう。
離れることも近づく事もなく、最初から最後まである一定の距離を保ち、
目に見えるもののみが写し取られた虚と実が入り交じった世界。
そうしてできた絵の集合体で動く機械は、
モチーフに完全にコントロールされた動きのようにも
効率よくおいしい伊達巻きを作るという役割や目的から解放された
もしくは、それらを見失った迷子のようにも見える。
おとぎ話に出てくる工場のように
ひたすらダテマキを作り続けている。

140201_07.jpg

140201_08.jpg


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://artbookwho.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/68

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません


         

blog.jpg
editor profile

杉原洲志 Shuji Sugihara
1976年生神奈川生まれ。
WHO編集長/アートディレクター

2014年 2月
S M T W T F S
« 1月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
mail magazine

WHOメルマガ購読申込はこちらから
メルマガバックナンバーはこちらから
Info more...