日本語english

blog

マテ茶

Filed under:

2014-12-3(Wednesday)

パラグアイからやってきた高校一年生のホセくんが
一週間、家にホームスティしました。
滞在中、食後に何度か作ってくれたマテ茶。

141210_01.JPG

作り方は、尋常じゃないぐらいたくさんの茶葉を入れて
そこに「ろ過機能付きストロー」をセットし、
お湯や水を入れて出来上がり。
ポイントは、ストローを動かさず、
コップを持って飲むということ。

141210_02.jpg

141210_03.jpg

141210_04.JPG

この「ろ過機能付きストロー」がすごくよくできている。
日本茶や紅茶のように
液体の中を茶葉が舞っている状態だと、
茶葉は通りぬけてしまうのだろうけど、
大量の茶葉に液体がしみこんでる状態だから、
茶葉は身動きできず液体だけが通ってくる。
ストローを固定したまま、液体だけをすいとっていく感じがおもしろい。
味の方も、苦いけど結構おいしい。

141210_05.jpg

こちらは、現美でやっていた「驚くべきリアル」にて
展示されていたフェルナンド・サンチェス・カスティーリョの
映像作品「馬に捧げる建築」。

スーツ姿の男が白馬に乗って、
大学の構内を徘徊している。
異物が入り込んだ状況のように見えるけれど、
スペインのフランコ政権時代に作られたこの建物は、
騎馬警官隊がスームズに移動できるように
設計されているとのこと。
権力に対抗する学生達が、
学校内に侵入してきた騎馬警官隊に対して
馬の動きを妨げようと
ビー玉をころがして応戦したという歴史を持っている。

バックさせたてみたり、
廊下でUターンしてみせたり、
男が白馬を操る様子は、
果敢に挑み、それをいとも簡単に
しかも優雅にクリアする姿のようにも見えるし、
異物として扱われていないか入念にチェックしているようにも
当然の権利を主張しているようにも見える。

そして、同じく「驚くべきリアル」で見た
片山薫の映像作品。

141210_06.jpg

141210_07.jpg

伝統舞踊の踊り手にテクノミュージックに合わせて
無理矢理踊ってもらうという映像。
あっという間に順応して、軽々とステップを踏んで
向こう側に行ったきり戻ってくる気配がないような人もいれば、
曲にのれたかと思うと、次の瞬間のれなかったりと
行ったり来たりしているような人もいれば、
伝統舞踊本来の曲では見事なスッテプを披露して
グループを引っ張って行くような存在だったけれど、
テクノへの切り替えがなかなかできない人もいる。
ある程度時間が経てば
これが答えみたいな形ができて、
それを全員で共有していくことになるのだろうけれど、
まだ、手探りの状況だから
個人差が出てすごくおもしろい。

そして、こちらが、
ホセくんによって作られた異文化交流の状況。
部屋のドアストッパーとして
置かれていたツボにささった傘。

141210_08.jpg

ウチでは、傘が玄関の段差を越えることは、なかなかない。
長い時間かけて作られ、そして共有されたルールに基づき
その段差を越えるものと越えないものが存在する。
玄関の段差がいわば、ろ過機能を持ち
そこを通りぬけるべきものだけが
家の中に入って来る。
そして、傘は、もちろん越えないもの。

この「ろ過機能付き段差」をいとも簡単にくぐりぬけ、
和室のツボにささる傘を見つけた瞬間、
まだそこに個人差が存在する
あやふやで、手探りな状況に遭遇したような
ワクワクしたような気分になったと同時に
文化も言語も異なる、自らが異物となる状況に
地球の裏側からひとりでやって来た15歳の青年と
その傘が、だぶって見えるようで、
思わず、感動してしまいました。

141210_09.jpg


Comments

RSS feed for comments on this post.

No comments yet.

Leave a Comment

Sorry, the comment form is closed at this time.


         

blog.jpg
editor profile

Shuji Sugihara
1976, Born in Kanagawa Japan.
WHO chief editor/art director

December 2014
S M T W T F S
« Nov   Jan »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
mail magazine

If you would like to subscribe to e-news. click
If you would like to read to back number. click
Info more...